引越しで初めての一人暮らしへの道のり

Posted by user on 2015/09/09 in nocategory |

業者を決めたポイントとしてはまずは金額です。関西から北信越への引越しでかなりの遠距離になりましたので、業者はどこでもいいという訳にもいきませんでしたので、何社か見積もりを取り、予算および見積もり等の対応を見て安い引越し業者を選びました。

荷物に関しては初めての一人暮らしの方ならよくあるパターンではありますが、パソコン以外のほとんど全ての家電および組み立て式のテーブルとタンス以外は新品での購入もしくはリサイクルショップでの購入になりましたので引越し業者に運んでもらう荷物は大きいものは少なく、また量自体もあまり多くありませんでした。

苦労した点で言えば、距離やお金のことで苦労しました。関西から北信越への引越しでしたので新たに家電家具を買わざるを得ませんでした。これは実家暮らしで特に家電に関してはわざわざ自分用に持っておく必要は当然ありませんでしたので新たに購入しなければならないのは金銭的に苦労しました。家具は実家から運ぶと当然引越し代が上がるので、新たに買う金額と輸送代を考えると新たに購入した方が安くつくと判断しました。

また実家から赴任先までの距離の兼ね合いから引越しの手伝いが自分自身と助っ人で呼んだ友人1人だけで根本的に人手不足になったことも非常に困りました。今まで親に任せっきりでしたので準備の段階から出来る限り自分で作業は行ってきましたが、勝手をよくわかっている母親が居ない中で引越し作業を進めなくてはならないということも苦労しました。

Copyright © 2014-2018 歳月の教典 All rights reserved.