我が子の怪我は心が痛む

Posted by user on 2015/02/21 in nocategory |

子どもがちょうどハイハイを始めたばかり。
まだ上手にできなくて、なぜか後ろに下がっていっちゃったり、前に顔から崩れ落ちたりと笑わせてくれたり、ヒヤッとすることも多い。

そんな中、今日もハイハイの自主トレに励んでいた下の子どもがソファーの足に眉毛の辺りを強打。
なかなかの勢いで前につんのめってゴツン!良い音が響いた。


目じゃなくて良かった。
だけど、ぷくーっとみるみるたんこぶが膨らんでいく我が子に心が痛む。

そばにいたのに防げなくてごめんよ。そう心の中で謝りながらたんこぶを冷やした。

そのあと、何でもない顔してニコニコ笑う我が子のたんこぶを見るたびに切なくなる私。

特に小さいうちの子どもの怪我は自分のこと以上にダメージが大きい。

明日は笑って元気に過ごせますように!

Copyright © 2014-2018 歳月の教典 All rights reserved.