映画「横道世之介」の感想

Posted by user on 2014/10/18 in nocategory |

前からみたいと思っていた映画「横道世之介」を見た。
160分とかなり長い映画だったし、特に大きなことが起きるわけでもないのに、不思議と退屈せずに一気に見れた。

これもひとえに主人公世之介とガールフレンドのお嬢様の祥子さんのキャラがすこぶる魅力的だったからだと思う。
世之介と祥子さんのかわいらしいやりとりを見てるとこちらまで幸せな気分になった。

「ごきげんよう~」の祥子さんのしぐさがたまらなかった。
またこの映画を見て「ああ、こういう学生生活を送れたら大学に行く意味があるなあ」としみじみ思った。

学問だけじゃなくて心が豊かになるような交流が日常に溢れている学生生活は一生の宝物になる。
もう一度学生生活をやり直せるなら、この映画のような過ごし方をしてみたいと思った。

Copyright © 2014-2018 歳月の教典 All rights reserved.