生理中の全身脱毛は避けた方が良いんだって!

Posted by user on 2017/03/31 in nocategory |

生理中は肌荒れを起こしたり、微熱を持ってしまったりと、なにかと普段とは体調が違うものです。もともと脱毛は意図的にやけどを負うといった施術になります。それを施術者の技術力やアフターケアなどによって回避しています。手軽に脱毛できるようになったことで、そういったリスクを忘れがちですが、いつでも「やけどのリスクを負っている」ということを忘れてはいけません。

生理中は肌のコンディションも変わりますので、それだけやけどを負ってしまう可能性が通常よりも高くなります。また痛みも通常よりは大きく感じてしまう人が多いようです。

もちろんアフターケアを入念に正しく行うことで最小限にとどめることはできますが、できれば「避けた方が良い」とは言われています。生理日に限らず、体調が良くない日も同じ理由で、避けた方が賢明でしょう。ただし新宿で人気の全身脱毛サロンの中には、デリケートゾーン以外の部位に関しては、生理中でも受け付けるといった方針のところも増えています。

デリケートゾーンは、血液が付着することから他の危険性も生まれてしまいます。医療機関やエステによって対応が違いますので、先に危険を確認しておきましょう。生理中でも施術できるという医療機関やエステの場合には、それが理由でもキャンセル料を請求されてしまう可能性もあります。

Copyright © 2014-2018 歳月の教典 All rights reserved.