育児に正解はないというけれど

Posted by user on 2015/01/09 in nocategory |

「育児に正解はない」よく聞く言葉。
でもなんでも知識から入ってしまう私にとっては、正解は無くても正解に近い答えはあるんじゃ!?って思ってしまう。

自分で自分の育児に自信がないから。
とにかくなんでも考え過ぎてしまっている気がする。


例えば1歳過ぎると母子手帳には「一人立ちしますか?」という項目が。

そこで私は、「そもそも一人立ちって何よ?」となる。
つかまり立ちから手を離したら一人立ち?それとも自分で立ち上がったら?
つかまり立ちから1秒でも手を離したら一人立ちしたって言っていいの?

それともしばらく?だとしたら何秒よ?
もう「一人立ち」の概念まで気になってしょうがない。

そんな感じだから子への接し方も頭でっかちになってしまって一人遊びも大事だというけど、かまわないと愛情不足になるというし…。
とか常に考えていて、ふと疲れている自分に気付く。
そうだ、楽しめてないんだ。

子に自然体で接してない気がする。
今のところ、私の中での育児の正解というか目標は「私らしく接する」事かなと思った。

Copyright © 2014-2018 歳月の教典 All rights reserved.